会社情報

ホーム会社情報 › 社員インタビュー

建築業は世界で一番カッコイイ!社員インタビュー

私は富士建設株式会社工務部建築課に所属しています。
私は途中入社なので今年で勤続十年目になります。主に建築物の施工管理に携わっています。
現場で思わぬアクシデントが発生した場合には、それを一つ一つ確実に乗越えていき、何もない土地にお客様の人生設計図通り、いや、それ以上の建物を完成させ、それを利用してくださるお客様の笑顔が見えると喜びを感じます。
困難が多く辛かった現場程、完成した時の喜びや達成感は大きく感じます。私達にとって建築とは、衣食住の中の大切な一つであり、人を笑顔に変える力が必ずあります。
私は建築に携わる一人として、お客様が幸せになる為に同じ目線で考え、共に満足の出来る様な建築物を、今後も施工していきたいと思っています。
建築課 西尾孝弘
建築には、社会・文化・風景・人生・生活を変える力がある。富士建設はこの言葉をキャッチフレーズにしています。
私も現場監督をしていて建築が持つ多くの力(役割)を感じます。
私は入社して今までに、様々な用途の建設に携わる事が出来ました。
高齢化社会に伴った医療施設の建設や、自然災害対策として公共施設の耐震改修工事。
また人々の交流を考えた商業施設の建設がありました。
どれも利用する人々には、安心・安全はもちろん快適に過ごしてもらいたいと考えて仕事に取り組んでいます。
建築は時代背景に合わせて変化していきます。それが社会を良くし、人を幸せに出来る建築の力だと思います。
私自身、建築(現場監督)をしていて良かったと思う事は、建物が完成した時の達成感と施主様や周りの人達の喜ぶ顔を見られる事。
また自分が手がけた建物が何十年も形になって残り、自分の子供にも誇れる事です。
これからも技術・工法を勉強し、経験を積み重ね自信を持って建築に携わっていきたいと思います。
積算課 南條課長
私は積算課という部署にいます。積算とは、建築物の価格を算出することです。
スタッフは今現在、三名です。業務内容を少し詳しく書くと、建設予定地の現状を確認し、仮設計画を検討、設計図書から仕上げ及び躯体の数量を拾い出し、各工事単価の検討を行い、その建物の金額をはじき出します。
協力業者(下請業者)から見積りを徴収したり、工務部のアドバイスをもらうことは出来ますが、通常ひとりで考え、見積りしなければなりません。施工を行う上で、コスト管理は重要なものとなります。積算業務には、コストの正しい把握が必要です。
仕事柄、様々な設計図を拝見する機会があります。施主様の想い、設計者の想いが込められた設計図です。施主様の夢を叶えるお手伝いが出来る重要な仕事だと思います。
管理部主任 白川慎吾
現在の仕事は、総務・労務人事・法務・広報・営業事務等の担当をしています。
この業務は会社がスムーズに運営できるようサポートする業務であり、会社全体を網羅する知識、正確で柔軟な応用力、迅速で適切な判断力が求められます。また、一般の方々のみならず、社員とも円滑なコミュニケーションをとることがとても大切です。
普段の業務では、社員と良好な人間関係を保つこと、社内の情報収集をして改善点がないか、悩んでいる人はいないかなどを確認して解決すること、良い取組があれば社内外に広報するよう心がけています。
社員や関係者が気持ちよく業務に取り組め、より活気ある会社になるために最大限のサポートが出来るよう日々努力しています。広報部門では、完成した建築物をホームページや会社案内に掲載するために写真を撮影したり、建築主や設計事務所の建築に対する思いに接することができ、「未来に作品を残せる仕事、ロマンや感動を感じることが出来る仕事」という建築業の魅了を日々感じることが出来ます。
営業部企画課 竹安建人
無から有を生み出す。
建築・設計の仕事の魅力は、この一言から始まると思います。超高層ビルから個人住宅に至るまで、全ての建築物には設計図が存在します。
何も書かれていない白い紙の上に空間を構想し、様々な制約の中で図として表現していきます。
責任は大きく、様々な知識を要求される為、困難に感じることもあります。
しかし、自分で考えた物が形となって人々の生活に使われていくこの仕事に、日々やり甲斐を感じています。
現在はまだまだ覚えなくてはならない事が多く、上司や諸先輩方にはご指導をいただいている毎日です。
早く一人の建築士として、利用者の方の目線に立った魅力ある建築空間の提案ができるようになりたいと思います。