BLOG

ホームBLOG

まちを廃墟にせずに、美しく小さくしていく。

「幸せな人口減少プロジェクト」(仮称)を、もやもや考えています。

このテーマで考えなければいけないことは、ホントにたくさんあると思うけれど、
中でも「まちを廃墟にせず、美しく小さくしていく」ことを、みんなで考えたいなあ、と。

これからどんどん増える!と社会問題になっている「空き家」「空き地」。

経済活動につながる空き家・空き地の利活用についてはあちこちで話題にされていますが、
むしろ、利活用が困難な空き地・空き家の方が、多いのではないかと感じているのです。

であれば、空き地・空き家を「荒れ地」「廃墟」にしない、という取り組みが始まっても良いのでは?と考えています。

私が今切り口として考えているのは、「人口減る→空き家増える→有効活用無理→解体する→空き地になる→荒れ地になる、の流れをストップしたい。具体的には、空き地≠荒れ地にする」なのですが・・・。


「じゃあ、どうするの?」に対して、実は、わたしは、空き地→荒れ地にするんじゃなく、豊かな草むらにしようぜ!と思っていました。(笑。なんせ、草好きなので。)

豊かな草むらってつまり、摘み草するような草むら。

人口が減って、過疎化が進んで・・・。

荒れ地の中にポツンと住むのはいやだけど、豊かな草むらの中にポツンと住むのは、一昔前の日本に戻るだけで、不幸じゃないがする!!

で、それを建物解体時に仕込むことで、促成栽培できんかナ・・・などと思っていました。


そこで、親しい皆さまならお馴染みの、この手描きのメモをみんなに送ってみたら・・・。

わー、同じようなことを課題に感じとるひと、よっけおった!!!!!

わたしは単に「豊かな草むらにしよう!」としか思っていませんでしたが、「子どもの遊び場の回復としての必要」といってくださったMさん
そして、地元にある素材を活かして、すぐに実現への可能性を考えてくれたTくん&Oさん

おまけに、専門的な知識を有したひとまで、見付かっちゃいました!

実は、多面的な検証やアプローチが必要なこの取り組み。
仲間ができれば、実現に向けて歩き出せそうです。

たぶん、各地域ごとに、この“豊かな空き地”モデルは異なると思います。
もともと土が肥えていたか?とか、日当たりとか、色々な与件もある。

用途というか将来像(「子どもの遊び場にふさわしい空き地」「将来的に森にしていく空き地」「摘み草できるピクニック用空き地」・・・etc)によっても違うはず。

都市計画ならぬ【里山計画】ともいうべきかナ???

ご興味のあるかた、いっしょにみんなで考えてみませんか??


ビジネス香川に掲載いただきました!

平成10年に、中津万象園・丸亀美術館を維持保全・活用するための財団法人を設立してからも、メセナアワード(公益社団法人企業メセナ協議会主催/文化庁後援)を受賞するまで、「大名庭園・中津万象園の修復を過去に行い、今も維持保全活動を支援している」ということは、なんとなくアンタッチャブルな、デリケートな話題でした。 企業がそういった公益的な文化活動に取り組むのはまだ珍しく、それが弊社にとってどれほど想いのこ...続きを読む

国産材ビジネス開拓シンポジウム(その2)

このあいだ、木材活用のシンポジウムに行って考えたことをまとめてみました。 (本日、ある方にお話ししたら好評だったので…。見づらくて申し訳ありません!) なにがスゴイって、「立方メートルあたりの付加価値が、劇的に変わる」こと。 “素材の持っている個性や性質、機能を活かしたうえで、どこまでアレンジするか??” を考えることと、 “付加価値の効果性から逆算する” ことの両側から出発して、新しい視点で折り合い地点を...続きを読む

国産材ビジネス開拓シンポジウムへ

1/21土曜日に、徳島県で開催された【四国4県連携木材新市場開拓協議会】主催の国産材ビジネス開拓シンポジウムに参加してきました。 香川県は木材の「消費県」ですが、実は他の3県は、かなり本格的に国産材ビジネスに取り組んでいるんですね!ビジネスとして紹介されたものがどれも面白かったので、ご紹介しますネ。 (基調講演は、東京大学名誉教授/慶應義塾大学特任教授 安藤直人氏。県産材じゃなく、“圏”産材のつもりで!と...続きを読む

H29年 安全祈願祭

(写真はいつもどおり遠近感のスゴイ記念撮影(笑)) まだ新年が明けて2週間足らずとは思えないほど、すっかり日常にかえってきましたネ。 さて、先週土曜日には、地元の浪打八幡宮さんで、恒例の協力業者さんとの合同の安全祈願祭が 行われました。 いつも色んなお話しをしてくださる宮司さん。今年はこんなお話しをしてくださいました。 「子育ての支援体制が整っていない、こんな社会じゃダメだ………というひとがいます。 たし...続きを読む