BLOG

ホームBLOG

「JAS構造材活用拡大宣言」を行いました!


知っているようで知らない木材(特に県産材)について、もうすこしきちんと学び、取り組んでみようと「JAS構造材活用拡大宣言」を行いました!(といっても、JAS材を製造できる施設は香川にはなく、四国にもほとんどないそうです。なので、この宣言で香川の地域材を使うとすればCLTの可能性大?ですが…)

里山・里海を守りたいと思うと、県産材活用について避けては通れない。
だけれど、いわゆる普通の「在来工法」で木材を使用したいと思うと、香川県の材木はまだ使いにくい。

…つまり、香川県の林業は、経済的には回りにくい。

そんな状況の中で林業を維持していくのは本当に大変だと思いますが、まずは少しでも理解を進めたいと、お詳しい設計事務所のS先生などに教えていただきつつ、みんなで勉強をしてみています。


H30年 安全祈願祭

1/6(土)、毎年恒例の安全祈願祭を浪打八幡宮にて執り行いました。 今年1年、素敵な、幸せなお仕事に恵まれますように。 そして係わるひと皆が安全に、互いを信頼し合って良い建築をつくれますように。 そんな想いを込めて、協力業者さんと共に祈願してきましたよ。 どうぞ今年もよろしくお願い申し上げます!...続きを読む

まちを廃墟にせずに、美しく小さくしていく。

「幸せな人口減少プロジェクト」(仮称)を、もやもや考えています。 このテーマで考えなければいけないことは、ホントにたくさんあると思うけれど、 中でも「まちを廃墟にせず、美しく小さくしていく」ことを、みんなで考えたいなあ、と。 これからどんどん増える!と社会問題になっている「空き家」「空き地」。 経済活動につながる空き家・空き地の利活用についてはあちこちで話題にされていますが、 むしろ、利活用が困難な空...続きを読む

ビジネス香川に掲載いただきました!

平成10年に、中津万象園・丸亀美術館を維持保全・活用するための財団法人を設立してからも、メセナアワード(公益社団法人企業メセナ協議会主催/文化庁後援)を受賞するまで、「大名庭園・中津万象園の修復を過去に行い、今も維持保全活動を支援している」ということは、なんとなくアンタッチャブルな、デリケートな話題でした。 企業がそういった公益的な文化活動に取り組むのはまだ珍しく、それが弊社にとってどれほど想いのこ...続きを読む

国産材ビジネス開拓シンポジウム(その2)

このあいだ、木材活用のシンポジウムに行って考えたことをまとめてみました。 (本日、ある方にお話ししたら好評だったので…。見づらくて申し訳ありません!) なにがスゴイって、「立方メートルあたりの付加価値が、劇的に変わる」こと。 “素材の持っている個性や性質、機能を活かしたうえで、どこまでアレンジするか??” を考えることと、 “付加価値の効果性から逆算する” ことの両側から出発して、新しい視点で折り合い地点を...続きを読む